Return to site

主を置くって、つまり?

若者が質問してきたので、答えましたよ。

 先程の「主を置く」の記事に、若者から質問がありましたよ。

 「つまり、どういうことですか?」と。

 

 若者っていいですよね、分からないから教えて、とストレートに聞いてくれるところが。

 お返事したら、「納得しました」とのこと。せっかくなので、私の言ったことをまとめてもらいましたよ。(自分で書けばいいのですが、明日の説教の準備があるので)

 送られてきたまとめと感想を貼っておきますね。

 

 同じ様に疑問に思われる方もあるかな、と思ったので。

 では、どうぞ。↓

ーーーー

(牧師の答えのまとめ)

 聖書にはよく、「主にあって」という言葉が出てくる。

 人間関係では、相手と自分との間に主を置くということ。人間関係で悩むこともあるけど、イエス様がこの人を導かれるのだからゆだねようと思える。
 腹が立った時、きつい言葉が出そうになることもあるけど、イエス様はそんなこと言われないだろうなぁと思ったら優しい言葉が出てくる。
 苦手な人がいても、イエス様はこの人のことも愛されてるよなぁと思ったら、あいさつするようになったりして自然と関係が良くなる。
 人に見返りを求めてしまうこともあるけど、求めない。してあげれて嬉しいと思う。きっとイエス様もそう思っていたはず。
 イエス様はこの人のことをどう思っているのか考えて、イエス様と接していくことが大切で、その方が楽。
 

 自分が見ている視野はとても狭くて、人間関係を気持ちで築いてしまう。(一緒にいると楽しいとか)そういう関係はとても曖昧で、話を合わせてしまったり自分を繕ったりしてしまう。でも、イエス様と一緒だとそんなことをしなくてもその人との関係が確かなものとなる。
 

 イエス様を置くことで良い意味で相手と距離を置いて自然体でいられる

<感想>

 私はよく人に見返りを求めてしまったり、ついきつい言葉が出てしまったりするけど、常にイエス様だったら…?ということを考えることが大切だと思いました。

 それを考えることがしんどいと思う人もいるかもしれないけど、逆にそう考えることで、良い意味で相手との距離を置けると思いました。

 そして、イエス様を置くことで人間だけの関係ではなくなり、イエス様を通した関係なので、何か気にくわないことがあったからすぐに縁を切るなどがなくなり、その人との関係を本当に大切にできるのではないかと思いました。

 私も、友達や周りの人との間にイエス様を置いて良い人間関係を築きたいと思いました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly