Return to site

神のなさることは

· いい一日でした

 あれは、私の高校生のころ。

 数学のテストで0点を量産していた、のび太くん時代がありました。(皆さんご存知でしたか?「0点」は実在するのですよ。)

 ついに生まれて初めて塾なるものに行くことになりました。が・・行かなかったのです。行っているふりをしてサボり続けていのたです。

 評判のいい塾だったのですが、やはりのび太はのび太。内容にまったくついていけなかったのです。サボり続けていたら塾長から電話がかかってきて、私が「バイトが忙しくて・・」という真っ赤なウソまでついたところ、「もう来なくていいです」とさすがに破門になりました。当然ですね。

 まさに黒歴史と言える人生の暗部なわけですが、ずっとあの塾長には不義理をしたな・・と後悔しておりました。(大学でも似たような不義理を教授にすることになるのですが・・)

 先程、教会に来客があり、聞けば引退された牧師、とのこと。郷里の庭瀬に帰ってきて、公民館で聖書講座をしようと思っているので、祈りに覚えていただきたいという素晴らしい知らせ。

 ただ、ふたりとも「ん・・・どこかで?」という思いにさせられていたのですが・・。

 なんと、この方は私が大変な不義理をした塾長その人だったのです。

 その後クリスチャンになられ、さらに牧師になられていたのです。そして、こんな形で再会したわけです。先生は、感動のあまり涙を流しておられました。私も、あんなに不義理をした方と、今は共に祈れる形でお会いできて、ただただ驚かされたことでした。

「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。」

 伝道者の書3:11

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly