Return to site

ミッショントリップふりかえり5/かなちゃんの場合「帰りたくない!(帰ったけど)」

 ただいま!関空まで帰ってきましたよーー!
 バス待ちしつつ、アップします。ふりかえりその5は、かなちゃん。新鮮な驚きをいつもしっかり表現してくれるかなちゃん、ムードメーカーだったのでした。

 では、どうぞ!

−−−−−−

 見よ 私たちが一つになって
 共に住むことは 素晴らしい
 主が私たちにとこしえの
 いのちの祝福 命じられたから
 なんという幸せ なんという楽しさだろう

 10日間のミッショントリップツアーが終わりを迎えようとしてます。やっぱり家に帰るまでが旅ですね〜😂 今は飛行機の中なのでまだ終わってませーん笑笑

 

 まず、今回のツアーに行くのをそもそも悩んでいました。ギリギリになってもテンションは上がらず、期待できませんでした。むしろ学校は始まっているので不安ばかり募っていました。しかし、簡潔に話すと今回の旅は本当に主にあって祝福された素晴らしい10日間だったと思います。

 最初に行ったイェックフーでは、教会員のマッティンをはじめとする多くの方の手厚い歓迎に感動しました。とにかくみんな優しくてたくさんの場所を案内してくれました。短い期間ではありましたが、住みたいと思いました。静かな田舎だけど建物の統一感やごちゃごちゃしてない感じが日本と違い、より一層住みたい欲が増しました笑

 通訳をしてくれたさやかさんの娘、みんちゃんってゆう女の子はメンバーとのお別れが寂しくて泣いてくれたようで学校にたいせいくんにもらったあやとりを持って行くほどでした笑笑
 本当に可愛かったです❤

 また、ハイキングで見た景色と感動は忘れられません。あそこでしか体感できない気持ちでした。

 後半行った街ストックホルムでも手厚い歓迎を受けました。私たちのことを思ってたくさんのことを計画してくださり本当に嬉しかったです。
 多くの青年たちと関わることができ、スウェーデンのスタイルを知ることができました。同じ部分もあるけど、是非とも吸収したいことがいくつかありました。
 

 1つ目は祈りのスタイルです。自由に体を動かしながらする祈りもあれば、どの教会にもあるろうそくを立てて祈るとゆうスタイルもありました。あとはみんなで手を繋いで祈るスタイルです。ろうそくは気持ちを落ち着かせてくれて、集中して主に祈ることができました。みんなで手を繋いで祈るのは一番好きです!隣の人の体温を感じながら、言語や人種は違っても同じ主を思って祈り、賛美できる恵みを感じました。
 

 2つ目は賛美です。スウェーデンの教育として、みんな楽器ができるようになるんですが、ピアノ1つとみんなの声で多くの人に与える感動は素晴らしかったです。ピアノ担当のセルニは本当に嬉しそうに主を賛美していました。見ていて泣きそうになりました。土曜日の夜、教会に泊まったんですが、22:00くらいにチャペルからピアノが聞こえてきて行ってみるとセルニが練習してました。すずちゃんと椅子に寝っ転がって聴いてたらいつのまにか寝てました笑

セルニもいなくて時計は0:00を指してました笑笑
 幸せな寝入りでセルニファンになりました。ぜひ聴いてほしい音色です。

 また、ストックホルムで迎えた日曜日は最高でした。青年とメンバーで同じ主を共に礼拝し、午後はずーとルードビッグが一緒に行動してくれて、一部アストリンとゆう女の子が一緒にいてくれました。

 ルードビッグは次の日から学校なのに22:00ごろまで一緒居ました笑笑

まぁ、そんな感じで多くの恵みと励ましをもらいました。
ホームシックにかかることもなく、誰一人として大きく体調を崩すことがなく守られたことを本当に感謝します。
 感謝と感動にあふれた旅で、帰りたくないです。笑

 たくさん書きすぎてみなさん忘れたかもしれませんが、はじめ期待していなかったツアーでしたが 常に神さまをそばに感じ、多くの気づきがあたえられました。

 終わりかたがわからなくなってきたので冒頭の文について少し話して終わりたいと思います。
 あれは『なんという』とゆう私の大好きな賛美です。どこにいても違いがたくさんあっても同じ主を共に賛美できる喜びに気づいてからふと頭をよぎって旅の途中に1人でよく歌いました。すずちゃんの日記のタイトルになるくらいです笑

 これを最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。文章まとめるの下手くそで、でもこの感動を伝えたくて!笑
 日本においてもスウェーデンにおいても私たちをサポートしてくださった方々に主の祝福があるよう祈りつつ終わりたいと思います。
 ありがとうございました!!!

 GOD BLESS YOU!

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly