Return to site

「聖書を読む若者〜」のレスポンスをもう一つ

Rieちゃんの場合

 一昨日の記事「聖書を読む若者を育てるために」に対して、カオリンに続いてRieちゃんからもコメントがあったので、載せておきますね。

−−−−−−−−

 私がなんで聖書を読めるようになったのか。

 それは、み言葉が真実で、確かだとわかったからだと思います。この世の常識や自分の価値観や感情、信頼している人の言葉よりも…

 そして、み言葉通り、聖霊を頂き新しい命を生きているなら、この世のものでは満たされません。
 

『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』(マタイ4:4)
 

 最初の聖書入門クラスで、覚えるみ言葉として教えられた箇所でした。この御言葉をよく思い出します。
 自分はこの世で生きているけれど、この世のものではなく、神様の力で生きていると思い出します。

 

 また、伴走してくれる!これも大きいです。昔は牧師は「導き手」のように思っていましたが、今は共に弱さを打ち明け、み言葉を語り合い、喜び合う事ができます。
 共にイエス様を見上げている感覚があって、家族であり、友でもあります。まさに、イエス様との関係に近いんじゃないかな?と思います。

 

 そして何より、聖書には神様の愛が溢れています。それが自分に与えられている…そのまま受け止めていいんだと分からせてくれた神様の力です。愛を確かに感じたら、聖書が愛おしくて読みたくなると思います♬

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly