Return to site

豪雨災害支援タオル報告

 今年7月の豪雨災害の時、私達吉備教会はささやかな働きをさせていただきました。

 災害の直後、個人レベルの情報でしたが、被災された方たちがタオルを必要とされている、という知らせがあり、このブログなどでタオル等を募集したのです。

 すると、本当に様々な形でタオルが集まってきました。

 それは、本当に様々な方法だったのです。段ボール箱何箱も送ってくださる教会もありましたし、一包のタオルをわざわざ遠くから電車で届けに来てくださる方もありました。

 集まり方も様々でしたが、被災地への届けられ方も様々でした。

 被災された方へ直接送り届けられたのはもちろんですが、岡山キリスト災害支援室で用いられたものもあります。社会福祉協議会に持ち込んだものもあります。手作業で雑巾に縫い直されたものもあります。

 被災地のニーズは時間の経過と共に変わります。タオルはそれほど必要なくなってきた、ということになり、では、現金化してさらなる支援に用いてもらおう、と今度は残った新品・中古タオルを販売することにしました。

 「支援タオル」は聖約教団内で主に売られましたが、遠くスウェーデンの教会で販売されたものもあります。

 支援タオルも完売し、この度最後の送金が終わりましたので、結果をお伝えしますね。

 岡山キリスト災害支援室に合計75,500円を送金することができました。

 改めて、美しい善意をもって協力くださった皆様に感謝いたします。

 被災地ではまだまだ色々な支援の必要があると報告を聞いています。現地の皆様の上に、精力的に支援活動されておられる方たちに、平安と守りがありますように。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly